余興ですけど。 BLOG ver.

2010年07月21日

Finderが起動しなくなった、が、直った

今朝MacBook(CPU:Intel Core2Duo 2.4GHz、OS:10.6.3)の電源を入れてみると、いつもと様子が違った。
まず、壁紙が表示されず、水色。
デスクトップアイコンが全く出ない。
Dockが起動していない。
要するに、Finderが起動していない。でもなぜかログイン項目に登録しておいたMailやSafari、Tweetieなどは起動しているという珍妙な事態に陥った。

問題を解決するためには、原因を探らなければならない。前日電源を落とす前の状態を思い浮かべた。そして真っ先に思いついたのが、Macintosh HDのディスク容量が不足していたことだった。
だいたい残り100MBだっただろうか。ハードディスク容量が不足していることと、Finderが起動しないことがどう関連しているのか検討もつかなかったが、自分のMacBookが前日と今日で大きく違うところといったらそこしか考えつかなかった。

Finderが開かないうえ、CDから起動してもディスク内容をコピーしたりできないため、ターゲットディスクモード(Macの内蔵HDを、他のMacから外付けハードディスクのように扱えるモード)にして別のMacからアクセスする必要があった。
幸い自分はMacBookの他に古いMacminiも所持していたので、それを使った。
FireWireケーブルを接続。MacBookの電源ボタンを押してからすかさず「T」キーを長押ししてターゲットディスクモードに。そしてMacminiを起動し、アクセス。問題なくディスクにアクセスできたので、MacBookのハードディスクをすこし消去し、500MB程度の空き容量を確保。その後MacBookを起動すると、Finderが無事に復旧した。

ハードディスク容量とFinderになんの因果があるのかよくわからない。仮想記憶メモリとしてハードディスクを使ってるのかな?なにはともあれ復旧できたのでよし。皆さんハードディスク容量には気をつけましょう。


posted by Tomokou at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。